知らないと損する! プロみたいな写真を撮る5つのコツ : ライフハッカー[日本版]

時間を表します。絞りを広くすればより多くの光がカメラに入ります。また、被写界深度が浅くなり、フォーカスが当たる範囲が狭くなるので、わざと効果を狙ってそうする場合もあります。光が足りない時は、絞りを開くとよいでしょう。それでもまだ光が足らないときはシャッタースピードを遅くするとよいのですが、これには写真がピンぼけになるリスクがありま

引用元: 知らないと損する! プロみたいな写真を撮る5つのコツ : ライフハッカー[日本版].

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中